トラブルが発生|パソコンが故障したらハードディスクのデータ復旧

大切な資料

IT企業などでは大事なプレゼンの資料などをパソコンなどに保管していることも多いです。パソコンの作業をするとちょっとしたミスからデータを全消去してしまうことがあります。バックアップを取っていればすぐに復元作業を行えますが、事前にその操作をしていないと消えたままになってしまいます。大事なデータが消えてしまうと大半の方は焦ってしまうため、早く復元をしようとあらゆる操作をしてしまいがちです。ですが消えてしまったと考えたデータはもしかしたらまたパソコンの中にある可能性があります。上書き保存をしてしまうと取り返しがつかなくなりますが、専門業者に依頼をすることでまた元の状態にデータ復元をすることができます。専門業者に依頼をすることでデータ復元ができますが、自分自身でもしておいた方が良い操作があります。データが消えてしまったらパソコンをそのままの状態にするのではなく、電源をOFFにすることが大切です。

よく間違えてしまう操作方法で再起動をすることがありますが、通電を行うとデータ復元できない可能性が高くなります。症状が発展してしまう前に電源を速やかにOFFの操作をすることで、それ以上の悪化を一時的に防ぐことができます。もしパソコン自体が壊れていたとしても、ハードディスクなどが無事であればデータ復元作業を行うことができます。まずは診断をすることでパソコンの状態を知ることができるので、無料診断をしてもらえば回復できるのかが分かります。